症状について

肩こり

Graceful Movement

肩こりは肉体的・精神的なストレスにより筋肉が緊張し、凝り固まることで血流の悪化を招くことで引き起こります。単に肩まわりだけでなく、同じ姿勢を長時間続ける(デスクワーク)やパソコン画面の見すぎによる眼精疲労なども原因となる場合があります。改善のためには、筋膜を弛めることが大切です。またロルフィング®では、働きが不十分である他の筋に適度なハリを取り戻させることもでき、身体のバランスを取ることが可能になります。

腰痛

Graceful Movement

安静にしていても腰に痛みが生じる場合は、慢性的な腰痛を疑ってください。原因としては肩こりとほぼ同様です。特に長時間同じ姿勢でいる場合が多い方はお気を付けください。腰痛は放っておくと将来的に腰が曲がったままになったり、痛みで寝たきりになってしまう場合があります。ロルフィング®により張り付いてしまった筋膜をしっかりリリースし、いつまでも若々しく健康的な身体を保っていきましょう。

営業時間
10:00~17:00
※―は定休日、△は不定休。
※場所により時間は異なります。詳しくはお問い合わせください。

猫背

Graceful Movement

人は自分の重心の位置を理解し、きちんと立つことができれば、余計な力は必要ないと言われています。細い棒でもちゃんと置いてあげればまっすぐ立つことと同じです。ですが姿勢や重心のバランスの乱れによりそれが成り立たず、身体が負荷を避けようとますます姿勢を悪くしてしまう。それが猫背の状態です。猫背のままだと、通常は負荷がかからない部分に余計な力がかかり、腰痛などの原因となってしまうことがあります。まずは身体に本来の正しいポジションを再教育していきましょう。

状態不安

Graceful Movement

状態不安とは、漠然とした不安を抱え、ストレスが溜まりやすくなっている状態です。具体的には大事な会議前に感じる「うまくできるかな」という不安や、手術後のリハビリで「前のような状態に戻れるのか」といった不安などが挙げられます。個人差がありますので、まずは一度お話を聞かせてください。その上でロルフィング®により筋膜リリースを行い、身体の緊張を弛めると同時に、心の不安も解消させていきましょう。手術前よりもよい状態を目指す。それがGraceful Movementの施術です。

むち打ち

Graceful Movement

むち打ちとは、交通事故によく見られるケガの一つです。強い衝撃が不自然にかかったことで首が捻挫した状態になり、頸椎捻挫とも呼ばれています。主な症状としては、首の痛みはもちろん、めまいや不眠なども挙げられ、症状が進行してしまうと集中力の低下や吐き気などを引き起こす場合もあります。事故後はすぐに一度病院で検査を受け、痛みを感じない、骨に異常がない場合でも、必ずご相談ください。

© Graceful Movement